女性に人気なのはアイピル!?男性にも知っておいてほしいこと

避妊について一緒になって男性にも考えてほしいイメージ
いま妊娠はしないようにしよう、となんとなく二人の間で気をつけたりする人もいると思います。その理由はさまざまで、お互いの両親への挨拶がまだであったり、仕事の都合、そもそもお互いまだそこまでの気持ちでは無いなんてこともあるでしょう。

時々、男性側が快楽だけを求めてそんな配慮もせずに行為に及ぶなんて話も聞きますが。
大抵の多くの男性はコンドームなどを利用して避妊してくれていると思います。というかしていて欲しいですね…。それでも、コンドームが行為中に破れてしまったり、外れてしまったりなんてことも起きてしまう時もあるでしょう。

そんな時、アフターピルを女性側に服用してもらうことで、まだ避妊出来る可能性はあります。そして、アフターピルにも様々種類があります。男性側はあまり知らない方も多いかと思いますが、もし子どもが出来た時責任をとれる確信が無ければ、そういった避妊方法は知っておいてもらいたいことです。なかでも、なぜ女性にアイピルというアフターピルが人気なのか紹介していきたいと思います。

病院だけではなく、通販でも買える

男性側のアフターピルのイメージは、妊娠をしたくない人が行為後に病院へ行って処方してもらう、という感じではないでしょうか。もちろん、それは間違いではありません。本来は、そういうもので日本では処方箋が無ければ手に入れられないものです。
そのため、そのとき限りの服用分しか処方されません。

ただ、最近では海外個人輸入代行という形式の通販サイトでアフターピルを購入することもできます。通販では、個数も自分で決められる上にかなり安い価格で買うことができます。種類はさまざまありますが、一般的に病院などで避妊薬として処方されているノルレボ錠のジェネリック医薬品で安さと安心感を兼ね備えているのがアイピルです。

服用には副作用を伴う

アイピルでの副作用で受診しているイメージ
また、アフターピルの服用時に身体に大きな負担があることは知っていますか。男性ももちろんですが、女性のホルモンバランスも体調や肌の状態に大きく影響を及ぼしています。そのホルモンバランスを崩してしまうのがアフターピルなのです。

そのため、頭痛や吐き気、腹痛や嘔吐などを引き起こしやすく酷い場合、薬の効き目が効いている間は身体を動かす事も億劫になるほどの状態になる方もいます。ほとんどの人が約1日~2日で薬の効き目は切れるので、副作用も落ち着いてきます。しかし、なかには悪化したり長く続いてしまう人もいます。そんな人は病院を受診する必要があります。それほどアフターピルは身体に大きな負担を与えてしまいます。

飲めば簡単に避妊出来る、といって決して軽い気持ちで女性側にアフターピルの服用をすすめてはいけません。こうした副作用もしっかり分かった上で、アフターピルを利用した方がいいのか二人で相談して決めることが大事だと思います。そうしなければ付き合っている男女の場合、二人の気持ちに溝を作りかねないので注意しましょう。

通販では女性名義でしか買えない

女性がもしもの時の為に、男性側が持っていた方が良いのではないかと通販サイトで購入を検討する人もいると思います。しかし、通販サイトの場合海外からの個人輸入代行という形のもと、購入した人の使用は問題ありませんが譲渡や売買は違法になってしまいます。そのため、服用する人本人しか購入できません。

こうしたことを考えると、相手の女性を本当に想っているのであれば事前に女性と話し合って緊急時用にアイピルを持っていてもらうことも良いでしょう。

アイピルは副作用が比較的軽くて、避妊効果が高い

女性にとって嬉しいアイピルのイメージ
アフターピルにおいて副作用が強く出るのは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンだといわれています。しかし、アフターピルの主成分は代表的なもう一種の女性ホルモンであるプロゲステロンなので、副作用は他にある2回の服用が必要なアフターピルなどに比べると比較的軽く済むとされています。

ただ、やはりホルモンバランスを崩すことに変わりはないので人によっては副作用の現れ方もさまざまです。
また、アイピルはノルレボ錠と同様の避妊効果も持っている事もあり、他のアフターピルと比較しても避妊の有効成分の含有量は多めです。そのため、女性から信頼も厚い上に副作用も重く無い、でも安く手に入るということで高い人気がアイピルにはあります。

男性にも知ってもらい、本当に必要な時だけの利用をすることが大切

アイピルは確かに安く手に入る、高い避妊効果を持っているアフターピルですが身体に負担があることは事実で、一旦乱れた生理周期は正しいリズムを取り戻すまでに3ヵ月程度かかる人もいます。それは、体調も少し不安定な時期が続く可能性があるということです。

その反面、女性にアイピルが人気になるワケを知って、お互いで「もしもの時」どうするべきか話し合い、本当に必要な時だけアイピルを利用するようにしましょう。そして、そのいざという時に失敗しないアイピルの服用方法を知っておくと、避妊効果を高めることができます。